PR

地方 地方

埼玉・小川で868万円手渡し詐欺 60、70代男女「受け子」か

 小川署は9日、小川町に住む無職の女性(49)が現金868万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。

 同署によると、現金を詐取する「受け子」は若年層が目立つが、今回は60~70代の男女が登場する珍しい展開。被害者に不審感を抱かせないよう高齢者を“起用”する新しい手口とみられる。

 同署によると、2日午前、女性の携帯電話に「利用料金の支払いが確認されていない」とのショートメールが届き、記載の連絡先に問い合わせたところ、民事訴訟管理センター職員を名乗る男らから「訴訟を起こされている」などと伝えられた。

 信じ込んだ女性は3~5日、JR池袋駅内で2回、東武東上線小川町駅内で1回の計3回、法律事務所職員を名乗る男女に計868万円を手渡した。男は60代、女は70代とみられ、同署は手渡した3回のうち2回は男で、同一人物とみて捜査している。

 県警特殊詐欺対策室によると、今年1~9月末に逮捕した受け子は92人で、約8割が10~20代の若年層。うち20代の男が51人で最も多く、次いで10代の少年が21人だった。対策室は「安易に手を出す若者が多いのではないか」と話す。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ