PR

地方 地方

三反園・鹿児島知事が再選出馬表明

 鹿児島県の三反園訓知事(61)は3日の県議会で、来年7月の任期満了に伴う知事選に再選を目指して立候補する意向を表明した。県議会最大会派、自民党議員の質問に対し「子育てと高齢者支援に重点的に取り組んできた。県民の生活が良くなるよう全力で取り組む」と述べた。同知事選で立候補を表明したのは三反園氏が初めて。

 平成28年7月の知事選で三反園氏は、脱原発を掲げ反原発団体と政策協定を結び、自民党が支援した現職を破って初当選した。当選直後は、九州電力に対し川内原発(同県薩摩川内市)の即時一時停止を求めるなど強硬姿勢を見せたが、次第に脱原発路線が後退したとして批判も出ている。

 議会での表明後、報道陣の取材に応じた三反園氏は、無所属で立候補する方針を明らかにした。脱原発政策の継続に関して問われると「再生可能エネルギーを推進し原発に頼らない社会をつくっていきたい。そこに原発があり、まずは防災対策に積極的に取り組んだ。引き続き県民の安心安全のために防災対策に力を入れていく」と述べた。

 三反園氏は同県指宿市出身。昭和55年にテレビ朝日に入社し、政治部記者を経て報道番組のコメンテーターも務めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ