PR

地方 地方

宿泊補助金不正受給、防大の3等海佐を懲戒免職

 防衛大学校(横須賀市)は、妻が経営する静岡県内の貸別荘に泊まった自衛隊員らの人数を水増しし、共済組合から宿泊施設に支払われる補助金を不正に受給したとして、40代の3等海佐を懲戒免職処分にしたと発表した。

 防衛大によると、自衛隊員の福利厚生事業を担う防衛省共済組合は、提携する宿泊施設に対して1人1泊に付き補助金2千円を支給。同額が宿泊代金から差し引かれる仕組みになっている。3佐は、約33万円を不正受給していた。

 3佐は9月18日、詐欺容疑で警務隊に逮捕され、横浜地検横須賀支部が10月8日、詐欺罪で起訴した。横須賀簡裁での公判では、利得目的だったと話しているという。

 国分良成学校長は「幹部自衛官が免職の懲戒処分になったことは誠に遺憾。服務指導のさらなる徹底を図っていく」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ