PR

地方 地方

元前橋市職員に懲役17年 交際女性刺殺判決 さいたま地裁、「強固な殺意」認定

 さいたま市大宮区のビルで1月、交際していた女性会社員=当時(22)=を刺殺したとして、殺人と銃刀法違反の罪に問われていた元前橋市職員の鳥山裕哉被告(26)の裁判員裁判判決公判が2日、さいたま地裁で開かれ、北村和裁判長は懲役17年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。

 北村裁判長は判決理由で、鳥山被告が女性会社員から交際解消を求められたことや、被告の暴力について警察に被害届を出すと伝えられたことに怒りを覚え、殺害を決意したとみられると指摘した。

 その上で、犯行前にインターネットで「包丁 殺す」などの言葉を検索していたことなどから「一方的かつ執拗(しつよう)で強固な殺意に基づいた犯行」と認定。「包丁は女性と話し合うために持っており、刺傷は包丁を取り出した際などに生じた可能性がある」として傷害致死罪の適用を求めた弁護側の主張を退けた。

 さらに、北村裁判長は「犯行動機は身勝手で、虚偽の弁解に終始し反省が乏しい」と指弾した。

 判決文などによると、鳥山被告は1月23日夕、さいたま市大宮区のビル5階で女性会社員の首などを包丁で刺し、殺害した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ