PR

地方 地方

関越逆走死亡事故、男性は渋川の80歳

 渋川市赤城町長井小川田の関越自動車道下り線で1日昼、軽乗用車が逆走し、乗用車と正面衝突した事故で、心肺停止状態になっていた軽乗用車の男性の死亡が同日、確認された。

 県警高速隊によると、死亡したのは渋川市赤城町宮田の無職、津久井豊さん(80)。乗用車の沼田市西原新町の会社役員、朴万石(パクマンソク)さん(74)が重傷、会社役員の女性(72)も軽傷を負った。

 現場は片側2車線で、軽乗用車は追い越し車線を逆走していたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ