PR

地方 地方

人工保育のホッキョクグマ「ピース」、20歳に 生存記録更新 とべ動物園

 国内で人工保育された雌のホッキョクグマ「ピース」が20歳になるのを前に、愛媛県砥部町の県立とべ動物園で1日、誕生会が開かれ、飼育員や見物客ら約400人が祝った。

 動物園で生活するホッキョクグマの寿命は25~30年が一般的。動物園によると、これまで国内で人工保育されたホッキョクグマの寿命は数十日などと短く、ピースは生存記録を更新している。

 プレゼントは、ミカンなどの果物とともに「20」の文字が描かれた色とりどりの氷の特製ケーキ。ピースが駆け寄って夢中になってかじりつく様子を、見物客が写真撮影などをして楽しんだ。

 ピースは平成11年12月2日にとべ動物園で誕生。母グマは出産直後落ち着きがなく、子育てができないと判断された。飼育員の高市敦広さん(49)が生後110日ほどまで毎晩自宅に連れ帰り、一緒に寝起きしたりミルクをあげたりして育てた。高市さんは誕生会で「20歳はもう(人生の)折り返しを過ぎた。これからの時間が大切で、ピースの幸せを一番に考えたい」とあいさつした。

 横浜市から毎年祝いに来ているという会社経営、川下統子さん(66)は「いろいろあった年月を経て、ここまで大きくなって本当によかった」と感慨深げだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ