PR

地方 地方

223人参加、大島の絶景を堪能 「伊豆諸島ウオーク」

 東京の魅力を歩いて楽しむ「TOKYOウオーク2019」の特別編として「伊豆諸島ウオークin大島」(都など主催、産経新聞社など共催、特別協賛・ライオン)が30日、伊豆大島で開かれた。島内外から223人が参加し、島の北側に位置する岡田港を出発し、約18キロのAコースと10キロのBコースに分かれ、冬晴れに輝くサンセットパームラインなど、海を見ながらのウオーキングを楽しんだ。

 Aコースは後半で「高原コース」と「海岸コース」に分かれ、高原コースでは約600メートルの急斜面を登りきった参加者は、海を隔てて見える富士山や伊豆半島など絶景のパノラマを堪能した。新宿区から参加した山口由美さん(50)は「初めて大島に来た。空気が澄んでいて、海と富士山がとてもきれいだった」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ