PR

地方 地方

教皇のメッセージ、長崎原爆資料館で展示

 ローマ教皇フランシスコが「平和のために祈ってください。決して戦争があってはなりません!」などとイタリア語で書いたメッセージ=29日、長崎市(長崎原爆資料館提供)
 ローマ教皇フランシスコが「平和のために祈ってください。決して戦争があってはなりません!」などとイタリア語で書いたメッセージ=29日、長崎市(長崎原爆資料館提供)

 長崎原爆資料館は、長崎を11月24日に訪問したローマ教皇フランシスコが書いた「平和のために祈ってください。決して戦争があってはなりません!」などとのメッセージの展示を始めた。

 教皇は原爆資料館には立ち寄らなかったが、同館側が「訪れた人へのメッセージがほしい」とカトリック長崎大司教区の高見三明大司教を通じて依頼した。24日、休憩中に記してもらったという。

 メッセージは資料館の芳名録にイタリア語で記されている。同館はメッセージを、原爆で破壊された長崎市内の浦上天主堂を被写体にした作品などが並ぶ無料の企画展に追加した。

 大久保一哉館長は「教皇の核廃絶への思いを感じ取ってほしい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ