PR

地方 地方

原発安全性、女川町長が国に説明求める

 東北電力女川原発2号機が原子力規制委員会の審査に事実上合格したことを受け、女川町の須田善明町長は「意見公募などの手続きがまだある。再稼働へ一歩進んだというより、始まりだ」と話した。原発の必要性は認めつつ、地元同意には「安全性について国から地域住民にしっかり説明することが必要だ」とした。

 一方、東北電力の原田宏哉社長は「再稼働には地域の理解が何よりも重要。施設見学会などを重ね、一人でも多くの方に理解してもらえるよう努める」とのコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ