PR

地方 地方

東名高架の火災、1人死亡 重傷2人、静岡の工事現場

塗装工事中に火災があった東名高速道路の高架=11月21日、静岡市駿河区
塗装工事中に火災があった東名高速道路の高架=11月21日、静岡市駿河区

 静岡市駿河区の東名高速道路高架付近の工事現場で発生した火災で、静岡南署は21日午後、火災現場で1人の死亡が確認されたと明らかにした。工事の作業関係者とみられ、同署は性別や身元の確認を進めている。

 静岡市消防局によると、他に10人が煙を吸うなど負傷して搬送され、うち2人は重傷だが、いずれも意識はあったという。当時は高架の橋桁部分の塗装工事をしており、市消防局によると、設置された足場から出火したとみられる。中日本高速道路によると、48人が作業に当たっていた。静岡南署は業務上過失致死容疑も視野に、火災の詳しい原因を調べる。火災は21日午前11時ごろ発生。午後0時45分ごろ鎮火したが、静岡インターチェンジ(IC)-清水ICの上り線と、清水IC-日本平久能山スマートICの下り線が通行止めとなった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ