PR

地方 地方

「女性の交友関係に不満」新潟刺殺容疑逮捕の男供述

新潟市の女性刺殺事件で殺人容疑で新潟地検へ身柄を送検される斎藤涼介容疑者(中央)=20日、新潟市中央区(池田証志撮影)
新潟市の女性刺殺事件で殺人容疑で新潟地検へ身柄を送検される斎藤涼介容疑者(中央)=20日、新潟市中央区(池田証志撮影)

 JR新潟駅近くの繁華街のビルで飲食店店員の女性(20)が刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された斎藤涼介容疑者(25)が「(女性の)交友関係に不満があった」と供述していることが21日、捜査関係者への取材で分かった。新潟県警は一方的に恨みを募らせ、襲ったとみて調べている。

 捜査関係者によると、斎藤容疑者は「(女性と)一時期、交際関係にあった」と説明。2人は利用者同士が会話をしながら楽しむオンラインゲームを通じて知り合ったとみられる。

 斎藤容疑者は事件前に埼玉県内で包丁を購入していた。事件は15日夜に発生し、同日は現場周辺で数時間前から女性を待ち伏せたとみられる。女性は腹部などに複数の刺し傷があり、内臓に達する深い傷もあった。県警は斎藤容疑者が強い殺意を持って計画的に襲ったとみている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ