PR

地方 地方

米沢市長選は現新一騎打ち

 任期満了に伴う米沢市長選が17日告示され、いずれも無所属で、再選を目指す現職の中川勝(69)=自民、公明推薦=と、元衆院議員の新人、近藤洋介(54)の2氏が立候補を届け出た。24日に投開票される。

 中川氏は、出陣式で市立病院と民間病院の医療連携や米沢ブランド戦略など4年間の実績を強調し、「流れを止めるな。米沢の未来」と市政継続を訴えた。

 近藤氏は、10年後の同市を「稼ぐ力があり、雪に強い新産業都市にしたい」とし、県内最長寿の実現と東北で最も起業しやすい市にしたいと訴えた。

 16日現在の選挙人名簿登録者数は6万7940人(男3万2889人、女3万5051人)。

 ◇米沢市長選 届け出順

中川  勝 69 市長    無現〔1〕 【自】【公】

近藤 洋介 54 元衆院議員 無新  

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ