PR

地方 地方

熊本城小天守のしゃちほこ復活

 熊本城の大天守を背につり上げられるしゃちほこ=9日午前、熊本市
 熊本城の大天守を背につり上げられるしゃちほこ=9日午前、熊本市

 平成28年の熊本地震で被災した熊本城で9日、地震で壊れた小天守(高さ約20メートル)のしゃちほこ2体のうち1体が復元され、屋根に設置された。もう1体も23日に置かれる予定で、小天守のしゃちほこは3年半ぶりに元の姿を取り戻すことになる。

 午前10時すぎ、高さ86センチ、重さ約70キロのしゃちほこがゆっくりとクレーンでつり上げられ、工事用の足場を組んだ小天守に置かれた。隣の大天守(高さ約30メートル)は外観の修復を終えたが、小天守は損傷が激しく、現在も工事が続く。

 熊本城は10月から、日時を限定して一般公開を始めた。大小の天守内部は令和3年春ごろに見学できる見通しで、城内の全ての工事は19年ごろ終了予定だ。市の担当者は「修復が着実に進んでいる姿を見に来てほしい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ