PR

地方 地方

【春高バレー】正智深谷・皆川りお主将 練習から100%の力で…あと一歩

 強豪同士の対決となった準々決勝。全国経験のある市立川越に善戦したが、及ばなかった。

 正智深谷の主将、皆川りおは「最後まで食らいつこうと努力したが、相手が一枚上手だった」と高校生活最後の試合を振り返った。

 162センチ。かつてはリベロとして活躍していたが、今年2月の新人戦からチームを引っ張る。「嫌われてもいい。自分にも他人にも厳しく」がモットー。あと一歩のところで競り負けてきた悔しさを胸に、「練習から100%の力でやろう」と部員を鼓舞してきた。4強入りはできなかったが、「最後まで力は出し切れた」と前を向く。

 今大会で引退するが、下級生について「私たちより実力は上」と信頼を寄せる。「自分たちの記録を超えてほしい」と頼もしい後輩たちにバトンを託した。(内田優作)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ