PR

地方 地方

フェレットにかまれ感染症で死亡 大分

 平成14年に公園で捕まえようとしたフェレットにかまれて感染症になり、今年1月に41歳で亡くなった大分県警地域課の男性警部補が、公務災害と認定されていたことが7日、分かった。県警によると、警部補はフェレットに両手をかまれた3カ月後に蜂窩織炎を発症。治療のため休職と復職を繰り返していたが、今年1月に亡くなった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ