PR

地方 地方

浦和競馬、被災者支援レース 8日の売り上げ、一部台風義援金に

 県浦和競馬組合は、さいたま市の浦和競馬場で8日に開催する全11レースの売り上げの一部を台風19号による県内の被災者への義援金に充てる。義援金は売り上げの1・5%に相当する1050万円を目指す。また、この日はレース前と第10レース後に、浦和所属の騎手による台風19号の募金活動も実施する予定だ。

 組合はこれまでも東日本大震災で重賞レースの売り上げや入場料の一部を寄付。平成28年の熊本地震では売り上げの一部を寄付するなどしている。

 組合の担当者は「地方競馬の存在意義は地域の皆さんのためにある。レースの応援は県民への支援にもつながるので、ぜひ協力をお願いしたい」と呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ