PR

地方 地方

狛犬「いいね!」で人気投票 1位は三峯神社大鳥居のオオカミ 埼玉

 県教育委員会は「#101匹の埼玉狛犬(こまいぬ)」と銘打って実施していた県内の神社・仏閣に鎮座する狛犬の人気投票結果をまとめた。獅子や犬、キツネに似たような像で個性的な表情をみせる狛犬の中から1位に輝いたのは、秩父市の三峯神社大鳥居前のオオカミで最多の2808票を獲得した。

 人気投票は「幅広い世代に地域の文化財を身近に感じてほしい」(県文化資源課)という狙いで企画。7月から約2カ月間、同課のインスタグラム公式アカウントをフォローした上で、狛犬の写真を撮影した場所とハッシュタグ「#101匹の埼玉狛犬」を付けて投稿してもらった。得票数は投稿に対する「いいね!」の数を集計した。

 県教委によると、県内には約960対(左右一対で1対)の狛犬が確認されており、投稿された狛犬354対のうち得票順に上位101位を決めた。

 うち三峯神社のようなオオカミが16対もランクインし、同課は「秩父地方を中心に山犬信仰が盛んな県内の特色が表れた」と指摘。カエルの形をした姥宮神社(寄居町)と水宮神社(富士見市)の狛犬は、それぞれ49位と67位に入った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ