PR

地方 地方

山口FGは増収減益

 山口フィナンシャルグループ(FG)は7日、令和元年9月中間連結決算を発表した。一般企業の売上高にあたる経常収益は前年同期比4・7%増の867億円、最終利益は1・5%減の128億円だった。大口融資先の格付け見直しにより、信用コストが膨らみ、利益を押し下げた。国債や株式の売却益は増えた。

 吉村猛社長は「下期は、地方創生やコンサルタント、店舗のリニューアルなど、新しいビジネスモデルを追求したい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ