PR

地方 地方

なにわの企業、文化も光る 所蔵絵画、1月24日から公開 大阪

 関西経済同友会の会員企業が所蔵する絵画など美術品を割安な料金で公開する「なにわの企業が集めた絵画の物語」展が、来年1月24日から府立江之子島文化芸術創造センター(大阪市西区)で開かれる。関西同友会の池田博之代表幹事(りそな銀行副会長)らが7日、大阪市内で記者会見し「関西の文化力向上に貢献したい」と意気込みを語った。2月15日まで。

 同展は企業に眠る美術品を公開しようと昨年10月に初めて開催。江戸時代から商人ら民間が芸術を支援してきた大阪の伝統を引き継ぎ、都市の魅力を高めようと企画され、好評だったため、再び開くことにした。

 作品は前回の24点から43点に増加し、19社が出展。岡本太郎「娘と犬」(大林組)やアンドリュー・ワイエス「アフタヌーン・フライト」(コクヨ)などが展示される。

 期間中、小学生向けの鑑賞教室を開くほか、開館時間を午後8時まで(最終日は午後6時まで)とし、仕事帰りの大人も訪れやすくするなど幅広い層が楽しめるようにした。総合監修の橋爪節也・大阪大教授は「子供たちが楽しめるよう工夫した。多くの方に鑑賞してほしい」と述べた。

 入場料500円、中学生以下無料。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ