PR

地方 地方

「川の国埼玉」アピール サッポロビールが環境保全応援缶

 「海なし県」だが、川がきれいになれば、きっと海もきれいになる-。サッポロビールは6日から「環境保全応援缶」と銘打ち、「川の国埼玉」をイメージしたデザイン入り黒ラベルを限定販売する。

 販売エリアは県内のほか、東京、千葉、神奈川の1都2県。4200ケース(1ケース350ミリリットル×24本)の販売を計画しており、応援缶の販売本数1本につき、1円を県の川の再生事業に寄付する。

 今回のオリジナルデザイン缶は、都市を表現したビル群を背景に、県のマスコット「コバトン」が長瀞の川下りを楽しんでいる様子がデザインされている。都市と自然が調和し、多くの県民が川に親しむ「川の国埼玉」を表現した。

 サッポロビールは昨年に続いて、今年も黒ラベルの埼玉西武ライオンズ応援缶を限定販売している。販売本数1本につき、1円を彩の国さいたま魅力づくり推進協議会に寄付している。かつて川口市に工場があった同社は最近になり、県との連携が増えている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ