PR

地方 地方

魯山人の「美」、会席に再現 信楽の日本料理店・魚仙 特別展と合わせ楽しんで 滋賀

 美食家として知られた陶芸家、北大路魯山人(きたおおじ・ろさんじん)(1883~1959年)が考案した料理を、甲賀市信楽町長野の日本料理店「陶(すえ)の辺(べ)料理 魚仙(うおせん)」が文献などをもとに復活させた。魯山人作の焼き物の器を模した地元の信楽焼の「写し」の器などを用い、魯山人が大正14(1925)年に東京・永田町で開いた料亭「星岡茶寮(ほしがおかさりょう)」で出していた当時のメニューを再現している。

 同市信楽町勅旨の県立陶芸の森で開催中の没後60年の特別展「北大路魯山人 古典復興-現代陶芸をひらく-」(12月1日まで)に合わせた取り組み。京都の料亭での修業時代以降、魯山人の器や献立に魅了されているという店主の林田裕貴さん(48)が考案した。

 魯山人は日本料理に「前菜」の概念を持ち込むなど和食文化の形成に寄与したとされる。陶芸家としても多くの名品を残し、魚仙にも昭和初期に魯山人が立ち寄った際に置いていったという器が伝わっている。

 「アワビなどの高級食材を大皿に盛ってコースの見どころにする一方で、高野豆腐のようなシンプルな料理もしっかりと作り込み、メリハリをつける」(林田さん)のが魯山人の料理の特徴。今回提供する会席コース「レプリケイション 星岡茶寮」(税別3500円)では、メインとして直径約30センチの大皿に有頭エビやサワラの西京焼、花レンコンなどを盛りつけた。

 パレットのように仕切られた「絵の具皿」におひたしやあえ物を盛り、料理と器の彩りや立体感を演出するのも魯山人流といい、同コースでは、軟らかくなるまで丁寧にたたき込まれ、噛むごとにダシが口中に広がる赤こんにゃくや、酢の効いた龍飛巻(たっぴまき)を特注の信楽焼の絵の具皿に載せた。林田さんは「コースを通じ、魯山人の美意識を感じてもらえたら」と話している。

 同コースは30日まで、午前11時半~午後2時、午後4時~午後10時(午後9時半ラストオーダー)に提供する。定休日は月曜(祝日の場合は火曜)。予約や問い合わせは同店(0748・82・0049)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ