PR

地方 地方

警察官の前で男性刺される 殺人未遂容疑、男逮捕 鳥取

 鳥取県警米子署は5日、男性を包丁で刺し殺害しようとしたとして、殺人未遂容疑で同県米子市富益町の無職、斎藤孝司容疑者(68)を逮捕した。男性は駆け付けた警察官の前で刺された。

 逮捕容疑は4日午後5時55分ごろ、米子市富益町の路上で、約100メートル離れた家に住む会社員男性(46)の腹部を包丁で1回刺したとしている。「殺すつもりはなかった」と容疑を否認している。男性の命に別条はない。

 署によると、男性は自宅に来た容疑者に「騒音がうるさい」と言われ、午後5時40分ごろ、駐在所に出向いて相談。パトカーで警察官と自宅付近に戻った際に刺された。警察官がその場で容疑者を取り押さえた。

 同署の山田衛副署長は「警察官の目の前で絶対に起きてはいけないこと。申し訳ない」と話した。男性は容疑者と面識はないと説明し、これまで署にトラブルの相談はなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ