PR

地方 地方

公民権回復手続きせず 京都、即位恩赦で発覚

 京都府舞鶴市が市民男性の公民権回復の手続きをせず、3年5カ月にわたり公民権が停止したままになっていたことが5日、市への取材で分かった。男性は国政選挙など7回の選挙で投票ができなかった。市は10月25日付で回復させ、男性に謝罪した。市によると、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に合わせた政令恩赦の対象者を確認した際に発覚した。

 男性は平成23年5月に罰金刑が確定し、10年間の公民権停止となった。罰金を納めたため、刑法に基づき、本来は5年後の16年5月に公民権が回復するはずだったが、市の担当者の理解不足で手続きが取られていなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ