PR

地方 地方

【坂東武士の系譜】エピローグ・内と外を結ぶ視点 天徳寺宝衍(下) 東国諸将への取り次ぎで奔走

報恩寺の天徳寺殿碑=佐野市山形町
報恩寺の天徳寺殿碑=佐野市山形町

 天徳寺(てんとくじ)宝衍(ほうえん)(佐野房綱)は豊臣秀吉の御伽衆(おとぎしゅう)の一人だった。雑話の相手、耳学問のために天下人・秀吉が抱えていた諸大名家の隠居老人といったイメージで、あまり重視されていない。だが、宝衍は、秀吉の「惣無事(そうぶじ)」(私戦禁止命令)を関東、東北の諸大名に取り次ぎ、東国戦線では石田三成に並ぶ有力側近だった。史料からは秀吉と細かく情勢についてやり取りをしていることがうかがえる。

 佐野氏は昌綱(宝衍の兄)、宗綱(おい)の後、北条氏に乗っ取られたが、北条氏滅亡後、宝衍が唐沢山城を取り戻し、当主として復帰した。旧臣たちも大いに歓迎したはずだ。だが、「既に出家の身」として間もなく、秀吉側近・富田(とみた)一白(いっぱく)の五男・信種を養子とし、佐野氏の名跡を譲る。これが、唐沢山城の最後の城主・佐野信吉である。

 秀吉は、その後も宝衍を厚遇し、佐野3万9千石のうち、隠居料と従来の家臣向けに1万9千石を割いたので、富田家の家臣も大勢連れてきた信吉としては不満も残り、新旧家臣間で軋轢(あつれき)も生じたのではないか。

 このとき、さっさと佐野の家臣を辞したのが、宝衍の配下で重要な役割を担ってきた山上(やまがみ)道牛(どうぎゅう)(道及(どうきゅう))である。織田信長が武田勝頼を滅ぼした後、関東案内人として滝川一益に従い、秀吉の小田原征伐の際も関東の地図作製に貢献した。道牛が上杉景勝に仕える際の上杉家の記録には「関東牢人(ろうにん)(浪人)」とされている。同時に上杉家に仕官したのがかぶき者・前田慶次(利益(とします))。米沢に向かう慶次は道中日記によると、佐野に一泊した。そのとき、「佐野はつまらん。旅の供を」と道牛が願い出たと想像すると面白いが…。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ