PR

地方 地方

赤ちゃんの成長祈り那須で泣き相撲

 那須町の黒田原神社(佐藤元典宮司)で3日、秋の例大祭が開かれた。恒例の泣き相撲が行われ、境内は元気な赤ちゃんの泣き声と観衆の笑い声に包まれた。

 泣き相撲は「泣く子は育つ」と、子供の健やかな成長を祈って45年以上前から続いている。今年は1歳までの約30人が参加した。行司役の「よいしょ、よいしょ」の掛け声に合わせて力士姿の氏子に持ち上げられると、多くの赤ちゃんが泣き出すが、中には笑顔のままの赤ちゃんも。

 同町の会社員、平山祐一さん(45)は生後6カ月の長女、怜奈ちゃんを連れて参加。「病気をせず元気に育ってほしいと申し込んだ。泣いてくれなかったが、いい笑顔でよかった」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ