PR

地方 地方

葛飾北斎の肉筆画、国内で初公開 晩年の2作、京都

 葛飾北斎が晩年に描いた肉筆画「富士見西行図」=2日、京都市
 葛飾北斎が晩年に描いた肉筆画「富士見西行図」=2日、京都市
その他の写真を見る(1/3枚)

 江戸後期の浮世絵師、葛飾北斎(1760~1849年)が晩年に描いた肉筆画「富士見西行図」と「藻魚図」が確認され、京都市中京区の池坊会館で開かれたシンポジウムで2日、国内で初めて公開された。

 富士見西行図(1848年)は数年前に米国で見つかった。富士山は描かれていないが、歌人西行が眺める方角や、遠景の橋から存在を暗示させる構図。最晩年に達した境地を思わせる作品という。メバルを描いた藻魚図(1847年)は、表装に江戸料理の老舗「八百善」の献立表が用いられている。

 両作品には漢字の「百」をモチーフにした細長い形の印章が押されている。北斎が88歳以降の小品に用いたとされ、米ボストン美術館所蔵の扇でしか確認されていないという。富士見西行図は京都高島屋(13~18日)で、藻魚図は池坊会館(15~18日)で展示される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ