PR

地方 地方

佐野のふるさと納税 台風寄付金2500万円超 昨年度上回る

 ふるさと納税を通した台風19号関連の寄付金が佐野市に2500万円超も寄せられ、既に昨年度1年分を上回ったことが分かった。

 市の調べによると、10月29日までの今年度の寄付金額は、納税サイト「さとふる」の特設ページを通した1200万円をはじめ、市が直接受け入れた1千万円、市と親善都市などで交流のある彦根市(滋賀)、芦屋町(福岡)、西脇市(兵庫)からの納税サイトを通じた377万円となっている。

 市が平成30年度に受け入れた寄付総額は2400万円で、既に今回の災害支援に伴う寄付金だけで上回っている。

 市は昨年、ふるさと納税の赤字収支改善のため納税サイトに登録し返礼品を充実させた。今年度は災害前の4~9月までの寄付額が1400万円と増加傾向になっていた。

 市は「ふるさと納税のPR、全国他都市との友好関係などを背景に、多額の善意が集まっているようだ」としている。寄付金は災害復旧に活用される。(川岸等)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ