PR

地方 地方

介護サービス向上へ 横浜で事例研究発表 6施設の取り組み

 介護サービスの向上を図るため、介護付き有料老人ホームなどの職員が勤務を通じて研究した成果を発表する事例研究発表会が県住宅供給公社(横浜市中区)で開かれ、地域住民との交流、入居者の終活状況や口腔(こうこう)ケアなど6つの施設での取り組みが紹介された。

 発表会は県住宅供給公社グループのシニアライフ振興財団の主催で、今回で12回目。発表会では各賞の授与も行われ、最優秀賞は、横浜市旭区若葉台の施設で行われている地域住民のサークル活動と入居者の交流を実践した「ヴィンテージ・ヴィラ横浜」が獲得した。

 同ヴィラの発表者は「超高齢化社会を迎え、地域による支えが必要とされている。今回の活動を通じて、人々とデイケアが縁で結ばれることにより、入居者とともに地域全ての人々にとって有益になるような形にしていきたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ