PR

地方 地方

優雅な巫女の舞い 五穀豊穣など願う 三島神社で例大祭 栃木

 明治時代に栃木県令を務め、那須野が原開拓にも尽力した三島通庸(みちつね)(1835~88年)を祭る三島神社(那須塩原市三島)で、例大祭が行われた。

 奧宮の母智丘(もちお)神社と三島神社で神事が行われた後、巫女(みこ)を務める16歳で高校2年の双子姉妹、相馬葵さんと遥さんが平和や五穀豊穣(ほうじょう)などを願って優雅な舞いを社務所で披露した。

 今年は台風19号の影響で神輿(みこし)と山車の巡行が中止になったが、大勢の市民らが参拝した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ