PR

地方 地方

江戸期の街並み、堺てくてく 人形展などイベントさまざま 町家や店舗、10軒以上会場

 江戸時代の古い街並みが残る堺市堺区の旧環濠エリア北部一帯で、10軒以上の町家や店舗などを会場に、各会場をめぐる街歩きを兼ねたさまざまなイベントが展開されている。「堺・七まち町家公開実行委員会」が開いた。

 実行委の事務局を務める水野鍛錬所では11月2日まで、着物姿の子供たちが楽しそうに遊ぶ光景を人形で再現した「三浦孝裕 木の抱き人形展」を開催。3日には、日本刀の古式鍛錬を公開する。

 町家を利用した自然食カフェ「かぜいろ」では3日まで、写真家の山口康英さんが撮影したパリなどフランスの人気観光スポットの風景写真に書をほどこした作品を展示する「書と写真展」を開催。町家の公開は30日に浅香家と小西家、11月3日に西井家が予定されている。

 街歩きやライブなどのイベントは、ほかにも盛りだくさん。一部有料。問い合わせは水野鍛錬所(072・229・3253)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ