PR

地方 地方

部下にセクハラ行為 相馬原駐屯地1等陸曹を停職処分

 陸上自衛隊相馬原駐屯地(榛東村)は28日、部下の女性隊員にセクハラ行為をしたとして、東部方面後方支援隊1等陸曹の40代男性を停職4カ月の懲戒処分にした。1等陸曹は「自分に好意があると思い込んでいた」と話し、依願退職の意向を示しているという。

 同駐屯地によると、1等陸曹は昨年4月11日、自分の駐屯地警備の勤務時間を許可なく変更して、勤務中だった部下の女性隊員に会った上、肩をつかんでキスをしようとしたという。拒否した女性が同日報告し、発覚した。

 東部方面後方支援隊長の重村和幸1等陸佐は「隊員個々に対する服務指導を強化し、再発防止に万全を期す」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ