PR

地方 地方

新幹線車両を大雨で退避 JR九州が検討

記者会見するJR九州の青柳俊彦社長
記者会見するJR九州の青柳俊彦社長

 JR九州の青柳俊彦社長は25日の記者会見で、九州新幹線の車両基地「熊本総合車両所」(熊本市南区)について、浸水被害が想定される場合、車両を線路上に退避させる検討を始めたと明らかにした。台風19号の記録的大雨では、北陸新幹線の車両がJR東日本の長野新幹線車両センター(長野市)で水没した。

 熊本総合車両所は、敷地面積が約20万平方メートルで、最大14編成が停車する。国土交通省熊本河川国道事務所が平成29年5月に策定した「洪水浸水想定区域図」によると、近くの緑川流域で12時間総雨量595ミリという、想定しうる最大規模の雨が降った場合、車両所内は1~3メートル、浸水するとされた。

 青柳氏は「車両基地全体の盛り土には数千億円がかかり、ハード面の対策は難しい。(記録的大雨の)予測は難しいが、少しでも早く高架に退避させる勉強を始めた」と語った。

 北陸新幹線の水没については「鉄道は車両基地が一番安全な場所であり、何かあれば基地に逃げ込むのが常識だったので、ショックだった」と述べた。

 JR九州によると、23年に同車両所の使用を開始する際、「150年に1度」の大雨を想定した当時の浸水区域図を元に、盛り土や石などで敷地を2・2メートルかさ上げした。しかし、豪雨の多発で平成27年に改正された水防法に基づき、国交省は「千年に一度」の大雨を想定して、浸水想定区域を見直した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ