PR

地方 地方

水俣病慰霊式 母と呼べなかった幼子よ 91歳、悲劇伝え続ける

水俣病の犠牲者慰霊式で「祈りの言葉」を述べる患者・家族代表の上野エイ子さん
水俣病の犠牲者慰霊式で「祈りの言葉」を述べる患者・家族代表の上野エイ子さん

 19日、熊本県水俣市で催された四大公害病の一つ水俣病の犠牲者慰霊式では、患者や家族らが不条理に苦しんだ人生を振り返り、長女や夫を奪った悲劇を二度と繰り返さないよう訴えた。

 「おまえは母ちゃんと呼べなかった。つらかったろう、寂しかったろう」。患者・家族代表の上野エイ子さん(91)は、2歳で亡くなった長女に震える声で呼び掛けた。

 家のそばには豊かな不知火海があり、貧しいながら漁業で生計を立てていた。昭和33年夏、元気だった夫の忠市さんが突然手足をガタガタ震わせ、暴れ回った。わずか13日後、33歳で息を引き取った。医師には「奇病」と告げられた。

 その6日後、長女の良子ちゃんが誕生した。「父ちゃんの分まで長生きしてね」。ただ、わが子を腕に抱く喜びの時間は長くなかった。良子ちゃんは手足が突っ張り、目や耳も不自由だった。同じ集落の住民は「バスに乗るな」と遠ざけた。良子ちゃんは2歳半で短い生涯を終えた。胎児性水俣病だったと分かったのは、亡くなってから4カ月後だった。

 46年、上野さん自身も水俣病患者に認定された。失った夫と長女を思うと、何かせずにはいられなかった。「娘が生きていたら入所していたかも」と、患者が入所する福祉施設「明水園」で60歳まで働いた。

 平成11年には水俣市立水俣病資料館の語り部になった。耳が聞こえにくくなった今も月に3回、自身の経験を伝える。訪れる小学生らに「絶対に人を悲しませることはしないで」と思いを託す。

 しばらく体調が優れず、数年ぶりに参加した昨年の慰霊式で「良子ちゃんに会えた気がした」。その日のうちに、今年の「祈りの言葉」を読み上げたいと名乗り出た。「亡くなった多くの人の命を決して無駄にしないで」と声を振り絞った19日。もう若くはない体を突き動かすのは、申し訳なかったという長女への思いだ。悲劇の教訓を伝え続ける決意は揺るがない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ