PR

地方 地方

盛岡の新米フェアで「稲刈りセレモニー」

 盛岡市のイオンモール盛岡で12日、バケツ栽培のイネを鎌で手刈りするユニークな「稲刈りセレモニー」が披露された。

 県などが主催する新米フェアにふさわしい開会セレモニーとして初めて実施した。挑戦した達増拓也知事や久保憲雄JA岩手五連会長ら5人が「うまく切れるかどうか」の心配をよそに見事に刈り取った。

 北上市の主婦(55)が「素敵なセレモニー」と評するなど好評で、達増知事も「意味のあるイベントになった」と話し、県オリジナル品種の「金色の風」「銀河のしずく」の新米を笑顔でPRしていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ