PR

地方 地方

【週刊知事】今こそ「チーム千葉」で

 台風19号に備え、県庁の警戒態勢を「第1配備」から東日本大震災以来となる「第2配備」に引き上げた知事。54市町村に2人ずつ県職員を情報収集や連絡のため派遣するなど万全を期す。

 「台風15号のときは停電や通信網の遮断で混乱があった。今回はその教訓をしっかりといかし、『空振りでもいいからしっかりやれ』と指示している」と明かす。

 土曜日に引き続き、日曜日も県庁で陣頭指揮をとる知事。「県の幹部職員たちと考えて、やれる手は全て打っている。でも自然が相手なので何があるか分からない。県民の皆さんも台風15号を教訓に水や食料、燃料の備蓄など自分を守る意識を強く持ってくれているのはありがたい」と話す。

 また、復興に向けた取り組みにも言及。「台風15号で被災し、家業の廃業や県外へ移住するなどという声も聞く。被災した個々の県民のふるさとを守るため、台風19号の通過後、県もやれることはしっかりやっていく」と強調する。

 「今こそチーム千葉で頑張りたい」。力強い言葉で、県民を守る強い責任感をにじませた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ