PR

地方 地方

台風19号 常磐線など計画運休 笠間市内3カ所に自主避難所

 大型で非常に強い台風19号は、12日午後にも県内に最接近する見通しだ。主要鉄道会社は相次いで計画運休の実施を決め、自治体による避難所開設などの動きも広がっている。

 水戸地方気象台によると、県内では12日昼過ぎから13日にかけて、広い範囲で雷を伴った非常に激しい雨が予想される。12日午前6時から13日午前6時までの予想雨量は、多い所で200ミリから300ミリに達するとみられる。海上では、12日夕方からうねりを伴うしけが起き、同日深夜から13日にかけて猛烈な風が吹く見通しだ。

 同気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に注意するよう呼びかけている。

 JR東日本水戸支社は11日、常磐線の特急ひたち、ときわを12日は全て運休にすると発表した。

 普通列車に関しては取手-水戸間で正午ごろから水戸-いわき間で午後1時ごろから、それぞれ運行を取りやめる。13日も長時間にわたって運転を見合わせる可能性があるという。

 つくばエクスプレス(TX)を運行する首都圏新都市鉄道も11日、全線の運行を12日午後1時から取りやめると発表した。関東鉄道も12日午後1時ごろから運転を見合わせることを明らかにした。

 記録的な大雨となる可能性があることから、自治体も対応に追われている。

 笠間市は11日、笠間市民体育館など市内3カ所に自主避難所を設けた。日立市も自主避難者のための避難所開設を予定している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ