PR

地方 地方

「世界に羽ばたく市場へ」 豊洲開場1年 記念式典で奮闘誓う 

 豊洲市場(江東区)が築地(中央区)から移転して1年となった11日、市場の管理棟で、小池百合子知事らが出席して記念式典が開かれた。約100人の市場関係者らが集まり、市場の新たな発展に向けて奮闘を誓った。

 式典では、豊洲市場協会の伊藤裕康(ひろやす)会長が「豊洲を新たなステージへとステップアップしたい。地元に愛され、都民に信頼され、世界に羽ばたく市場を目指す」と強調。小池知事は「物流が大きく変わり、食に対する環境も変わりつつあり、卸売市場の役割はますます必要になっていく。世界に向けた食文化の新たな発信拠点となるように育てていきたい」と挨拶した。

 式典に先立ち、マグロや青果の競りが報道陣に公開された。午前5時半ごろ、競りの始まりを告げる鐘が鳴り、威勢のいい掛け声がマグロ卸売場に響いた。競り人が「1番、1番」とマグロの番号を読み上げ、最高値を示した業者を指さした。青果卸売場には、ギンナンやマツタケなど秋の味覚が並び、商品を運ぶターレが場内を行き交った。

 豊洲市場は築地とは異なる閉鎖型の全館温度管理施設で、衛生管理の面でも格段に向上した。ただ、最寄り駅が新交通システム「ゆりかもめ」しかなく、地下鉄の延伸などが課題になっている。

 一方で築地の跡地も、来年の東京五輪・パラリンピック期間中に駐車場として整備された後の活用をめぐって、議論が続いている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ