PR

地方 地方

【埼玉参院補選】秋の陣 舌戦火蓋、応援続々

 参院埼玉選挙区補欠選挙が10日告示され、27日の投開票に向けて舌戦の火蓋が切られた。出馬したNHKから国民を守る党(N国)の党首、立花孝志氏(52)と無所属で前知事の上田清司氏(71)の出陣式には、国会議員ら大勢の応援弁士が駆けつけ、声をからした。

 さいたま市のJR浦和駅西口。立花氏の出陣式には、N国所属の丸山穂高衆院議員や参院で会派を組む渡辺喜美元行政改革担当相らが参戦し、「既得権益をぶっ壊す男、NHKをぶっ壊す男の立花さん。新しい日本のために必要な人材だ」と訴えた。

 これに先立ち、立花氏は県庁で記者会見し、実業家の堀江貴文さんらの支援を受けるとした上で「応援や批判も含め、マイクを持ちたい人は断らない」と呼び掛けた。

 一方、立花氏と同じ場所で先に出陣式を開いた上田氏の陣営には、立憲民主、国民民主両党関係者のほか、親交のある自民党の平沢勝栄衆院議員や、河村たかし名古屋市長らが参加し「与野党相乗り」の構図となった。

 野田佳彦元首相は「4期16年の上田県政はあらゆる数字を良くした。埼玉から日本を変えてほしい」と活躍を期待すれば、平沢氏は「(自民党の)二階俊博幹事長から『ぜひ行って応援をしてこい』といわれた。上田さんと憲法問題をはじめいろいろな問題を議論して結果を出したい」と秋波を送った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ