PR

地方 地方

海老名市長選に氏家氏出馬表明 「現職の5選阻む」

 任期満了に伴う海老名市長選(11月3日告示、同10日投開票)に、経営コンサルタントの氏家(うじけ)秀太氏(52)が、無所属での出馬を表明した。現職の内野優氏(63)は5選を目指し、すでに出馬を表明している。

 氏家氏は待機児童ゼロの実現や、プール授業の復活を再検討するなど、「教育分野に最も力を注ぎたい」と所感を述べた。また、家庭ゴミの有料化の撤回を明言。中央図書館は選書や本の管理体制など、運営方法の見直しを図るとして、「現職の5選を阻み、“しがらみ市政”を変えたい」と話した。

 氏家氏は成蹊大卒。同市内に本社を置く経営コンサルタント会社の社長を務める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ