PR

地方 地方

佐賀の大雨被害、大町町の流出油は推定5万4千リットル

 8月に九州北部を襲った記録的な大雨で、大量の油が流出した佐賀県大町町の「佐賀鉄工所大町工場」は、流れ出た油の量は推定約5万4千リットルとの調査結果を明らかにした。県などによると、水田約26ヘクタールで稲に油が付着、収穫を見込んでいた約120トンが廃棄処分になるなどの被害が出た。一方、有明海では油分は検出されなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ