PR

地方 地方

北海学園大で異臭騒ぎ 喉の痛み訴え5人搬送

 9日午後6時半ごろ、札幌市豊平区旭町の北海学園大から「異臭がして負傷者がいる」と119番通報があった。10~20代の男女5人が喉に痛みを訴えて救急搬送されたが、診察の結果、異常はなかった。北海道警札幌・豊平署によると、異臭やガス漏れは確認されておらず、詳しい状況や原因を調べている。

 大学によると、構内の建物でせきをしている人がいたとの情報があったという。建物では週末の大学祭に向け準備が行われていた。

 現場とみられる建物にいた2年生の男子学生(20)は「2階から1階に降りたら粉っぽい感じがしてせき込んだ。臭いはなく、鼻に刺激を感じて鼻水と涙が出た。職員に避難を指示された。今も喉に違和感がある」と話した。また建物2階の部室にいたという3年西崎飛鳥さん(21)は「コショウを強くしたような臭いがして、せきが止まらなかった」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ