PR

地方 地方

豚コレラ対策など追加補正9億円を提案 群馬県、防疫体制強化

 県は9日、豚コレラの防疫体制を強化するため新たに緊急対策を取りまとめ、総額8億9623万円の補正予算案を開会中の議会に追加提案した。県内は野生イノシシの感染が続発するなど感染拡大の懸念が急速に高まっており、山本一太知事は会見で「早急に防疫体制を徹底する」と述べ、蔓延(まんえん)防止に全力を挙げる考えを示した。

 追加対策は生産者支援を柱に据え、監視対象農場(13カ所)から飼育豚などを早期出荷する場合、農家に奨励金を出して対応を促す。豚舎を一旦空にして消毒を徹底することで感染拡大を防ぐ狙い。また、飼育豚への予防的ワクチンの接種費として6億円を計上した。いずれも国の補助金を活用する。山本知事は「ワクチン接種は国の防疫措置の一環だ」とも述べ、今後、国に財政支援を求めていく考えも示した。

 一方、感染経路となる野生イノシシの捕獲強化にも乗り出し、捕獲者への奨励金を上積みする。市町村がわななどの捕獲機材を導入する際の費用補助も行う。このほか山に入る林業従事者らがウイルスを拡散させないよう消毒薬を配布する事業費も計上した。

 また、県は防疫体制の強化のため組織体制を改める。畜産課内の家畜衛生係を「家畜防疫対策室」に改組した上で人員も4人から11人態勢に増員する。設置は15日付。

 このほか、野生イノシシへの経口ワクチン800個を藤岡市内で散布する方針も示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ