PR

地方 地方

レッサーパンダの名前は「令明」 福知山市動物園、7月誕生で公募

 福知山市動物園(同市猪崎)で、今年7月に誕生したレッサーパンダの子供(雄)の名前が「令明(レイメイ)」に決まった。公募で全国から寄せられた710点から選ばれた名前で、愛称は「レイちゃん」になるという。

 名付け親は、兵庫県西宮市の会社員、加藤明央(あきひろ)さん(46)。令和が明るい良い年になるようにという願いと、福知山市ゆかりの戦国武将、明智光秀の「明」の一字をとって名付けたという。加藤さんには、同園から賞状やレッサーパンダのぬいぐるみなどが贈られた。

 令明は、父親の「キャラ」(6歳)と母親の「しらたま」(同)の第3子。第1子の「光(みつ)」、2子の「秀(ひで)」は平成28年6月に雄の双子として誕生したが、秀は昨年2月に急死した。令明は、7月10日の誕生時は体長約12センチ、体重約300グラムだったが、今月4日現在で体長約36センチ、体重約1400グラムまで成長した。二本松俊邦園長(74)は「今回の応募では『令』の付く名前が多かった。良い名前を付けていただいてよかった」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ