PR

地方 地方

群馬県議の資産、平均3070万円 前回調査の2倍超

 4月の統一地方選で行われた県議選で当選した県議50人の資産等報告書(4月30日時点)が7日、県資産公開条例に基づき公開された。借入金や株券などを除く1人当たりの資産総額は約3070万円で、平成27年の前回調査(約1374万円)の2倍超となった。

 県議会事務局は要因について「複数の県議が多額の資産を保有していることなどが影響した」としている。資産総額の最高額は、森昌彦氏(自民党)の約3億8508万円だった。

 また、角倉邦良氏(リベラル群馬)ら4人の資産報告は0円で、自動車や美術工芸品の報告もなかった。普通預金などの資産は報告対象に含まれていない。

 資産等報告書の閲覧は平日の午前9時~午後5時(正午~午後1時を除く)に事務局総務課で受け付ける。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ