PR

地方 地方

秋彩る勇壮…「長崎くんち」山車の引き回しなど奉納

長崎くんちで奉納された江戸町の「オランダ船」
長崎くんちで奉納された江戸町の「オランダ船」

 江戸時代初期から続く秋の大祭「長崎くんち」が7日、長崎市の諏訪神社で始まった。笛や太鼓の音が響き渡る中、色鮮やかな衣装に身を包んだ参加者が、伝統の踊りや山車の引き回しなどの出し物を奉納した。市内の公園などでも披露する。9日まで。

 市内の町が交代で7年に1度、出し物を奉納する「踊町」を担い、今年は5つの町が参加した。籠町は、全長約20メートルの竜が生きているように舞う「竜踊」を披露した。江戸町は鎖国時代に交易があったことにちなむ「オランダ船」と呼ばれる山車を引き回した。観客はアンコールを意味する「モッテコーイ」の歓声を上げた。今博多町の「本踊」は、白い着物姿で鶴が飛び回る様子を表現し、大きな拍手を浴びた。

 長崎くんちは1634年に始まったとされ、キリシタン禁制政策として長崎奉行が奨励した。旧暦の9月9日に開いていたことから、「くにち」がなまって「くんち」となったとされる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ