PR

地方 地方

千葉県議資産は平均2050万円

 今春の統一地方選で当選した県議94人の資産報告書が7日、公開された。県議1人当たりの平均資産額は2050万円で、4年前の2148万円(95人)に比べ98万円減少した。資産額が1億円を超えたのは4人だった。

 資産額のトップは斉藤守氏(自民党、船橋市)の3億345万円。斉藤氏は借入金も6700万円で最も多かった。資産がゼロと申告したのは28人だった。

 主な会派別の平均資産総額は、自民党(53人)が3135万円▽立憲民主党(10人)が506万円▽千葉民主の会(9人)が472万円▽公明党(8人)が513万円-など。

 公開された資産は、県議の任期開始日の今年4月30日現在のもの。資産額は県議が申告した報告書に記載のある土地や建物の課税標準額(本人の持ち分)と、預貯金や国債など金額のある有価証券を集計した。資産報告書は県議会事務局総務課で閲覧できる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ