PR

地方 地方

商業捕鯨「日新丸」が下関港に帰港 沖合操業の母船

 31年ぶりに再開した商業捕鯨で、沖合操業を担った捕鯨母船「日新丸」が4日、山口県下関市の下関港に帰港した。7月の出航から約3カ月ぶり。日新丸と捕鯨船2隻の船団は計約1430トンの鯨肉などを入手し、うち約370トンは7月末に仙台港で水揚げした。

 運用する共同船舶(東京)によると、日新丸の残る鯨肉は今月5日以降荷下ろしし、年内に流通する予定。捕鯨船2隻は3日にそれぞれ東京港、下関港に帰港した。

 船団は愛知県沖から北海道の釧路沖にかけての領海と排他的経済水域(EEZ)で操業し、全体でニタリクジラ187頭、イワシクジラ25頭、ミンククジラ11頭の計223頭を捕獲した。

 共同船舶の森英司社長は記者団に「調査捕鯨と違って、効率よく捕獲して売っていきたい」と語った。次の商業捕鯨を来年3月に出航させる方針だと明らかにした。

 日新丸と捕鯨船の乗組員らは4日、下関市の前田晋太郎市長を訪問した。前田市長は「無事な姿で帰ってきて良かった」とねぎらった。

 日本は商業捕鯨を認めない国際捕鯨委員会(IWC)を今年6月30日に脱退。7月1日に商業捕鯨を再開し、日新丸などの船団も同日出航した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ