PR

地方 地方

いじめ巡り中傷で和解 被害者と同級生の父親

 埼玉県川口市立中でいじめを受け不登校になった元男子生徒(16)が、インターネット掲示板で実名を挙げて中傷されたとして、同級生の父親ら2人に計約160万円の損害賠償を求めた訴訟は26日までに、さいたま地裁(日下部祥史裁判官)で和解が成立した。

 同級生の父親との和解条項は、中傷したことを反省し謝罪するとの内容で、和解金額は30万円。

 訴状などによると、元生徒は在学中、サッカー部で首を絞められるなどし、平成28年に不登校になった。同級生の父親らは昨年3月、ネット掲示板で元生徒の実名を挙げて中傷、プライバシー権を侵害した。

 元生徒と母親は侮辱容疑での告訴状を県警に提出していたが、取り下げるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ