PR

地方 地方

大学で劇物18リットル盗難か 保管庫の鍵壊されず

劇物を含む薬品の紛失について記者会見する大阪電気通信大の千松哲也広報部長(右)ら=26日午後、大阪府寝屋川市
劇物を含む薬品の紛失について記者会見する大阪電気通信大の千松哲也広報部長(右)ら=26日午後、大阪府寝屋川市

 大阪電気通信大(大阪府寝屋川市)は26日、劇物の四塩化炭素と二硫化炭素の液体が入った瓶、合わせて37本、計18・5リットルを紛失したと発表した。薬品庫の鍵は壊されていなかった。発見時は施錠されており、何らかの方法で解錠されたとみられる。寝屋川署が被害届を受理し、窃盗容疑で調べている。

 大学によると、2種類の劇物は500ミリリットルの瓶入りで、なくなったのは四塩化炭素19本、二硫化炭素18本。体重80キロの人が摂取した場合、四塩化炭素は117ミリリットル、二硫化炭素は202ミリリットルで半数が死ぬとされている。

 他にアセトンなど6種類の薬品もなくなり、計8種類の総重量は液体と粉末を合わせて計約180キロ。寝屋川市のキャンパスにある薬品庫で保管されていたが、19日夕に紛失が判明した。薬品庫の鍵は大学の施設課や守衛、関係する教員が持っていた。8月25日の時点では異常はなかったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ