PR

地方 地方

立民山形県連、次期衆院選に向け話し合い呼びかけへ

 立憲民主党県連(石黒覚代表)は25日、山形市で常任幹事会を開き、次期衆院選について協議した。石黒代表は野党統一候補の擁立を前提に他党にも呼びかけ、今後話し合いの場を設けることを明らかにした。

 常任幹事会では公募で候補者を選ぶ方法も検討されたが、今年7月の参院選山形選挙区で野党統一候補が初当選を果たしたことを踏まえ、衆院選でも野党統一候補の擁立に対して前向きな意見が出たという。

 会見した石黒代表は「県連として公募はいったん保留とし(同党独自候補の擁立という)結論は持ち越された」とした上で、「野党第一党として公認候補を決めつけることはない」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ